Gio Takatsuki

ジオ高槻

2014 / Osaka / Residence

大空間のエントランスホールは、ガラスパーテーションを使って緩やかに空間を仕切ることでバランスの良い「間」を生み出している。スカイラウンジでは、6メートルほどをカウンターを象徴的にレイアウトしたダイナミックな空間とした。ゲストルームも大人数で利用ができるように空間の仕切り方に工夫をしている。

The entrance hall of the large space creates a well-balanced "between" by gently partitioning the space using glass partitions. In the Sky Lounge, about 6 meters is a dynamic space with a symbolic layout of counters. The guest rooms are also devised to partition the space so that it can be used by a large number of people.